WeMosを使ってみる

Arduino-IDEの環境構築


ESP8266モジュール(主にESP-12)を利用したDevelopment Boadはいくつかありますが、今回、WeMos(のクローン)を入手しましたので紹介します。
WeMosには「D1 Mini」と「D1 R2」の2種類が有ります。
「D1 R2」には9-24Vの電源コネクターが付いていますが、機能的にはほぼ同じです。
「D1 R2」の方が使えるGPIOピンが多そうに見えますが、どちらもディジタルI/Oが9ピン、アナログI/Oが1ピン、シリアル通信が1組です。
(*)ESP-12起動時のブートモード選択に使われる GPIO_0 と GPIO_15 のピンも普通に使えます。

WeMosの素晴しいところは、スケッチ書き込み/スケッチ実行時に、どこかのピンをPullUp/PullDownに切り替えなくても、
UNOやNANOと同 じように手軽に使えるところです。
これを使ってデバッグして、スケッチが完成したらESP-WROOM-02に書き込むといった使い方でしょうか。



左から「D1 Mini(互換機)」 「D1 R2(互換機)」 「UNO(互換機)」

WeMosはESP-12をメインチップとして、CH340のUSBシリアル変換チップを組み合わせたボードです。
私の持っているのは互換機ですが、本家でもCH340が使われています。
TTL-USB変換としてCH340が実装されているので、Arduinoと同じようにUSB経由でスケッチを書き込むことができます。
UNO互換機を使っている方は、特に何も必要ありませんが、今まで互換機を使ったことが無い方は
WeMosのホームページからCH340のドライバーをインストールする必要があります。
私の持っているMiniはESP-12F R2はESP-12Eが使われていますが、出荷時期により変わるかもしれません。



USBポートの形状はマイクロUSBです。
左上の小さな黒いパーツが3.3Vへのレギュレータだと思うのですが、小さすぎてマーキングを読み取れません。
J3Yの刻印があるパーツはS8050 23 J3Y NPN transistorです。
USBシリアル変換チップからの出力で、GPIO_0のPullUp/PullDownと、ResetのHigh/Lowを切り替えています。


Arduino-IDEを使ってスケッチを書き込むには、こ ち らを参考にESP8266用のAddOnを追加する必要があります。
Arduino-IDEを使ってスケッチを書き込むと、ArduinoやATtinyとは少し違って、以下のように表示されます。
また、たったこれだけのスケッチですがコンパイルに90秒程度かかります。


次回から、Raspberryとの無線通信を紹介します。

なお、WeMosに搭載されているESP-12は技術基準適合証明等のマーク(通称技適マーク)が交付されていませんので

あくまでも実験レベルと考えてください。
技適マークが交付されているのは2015年11月時点で、ESP-WROOM-02のモデルだけです。

続く....