TN液晶8セグモジュールを使う(TS206)


前回、TN液晶8セグモジュール(TS206V1)を紹介しましたが、同時にTS206 も購入しましたので紹介します。
TS206V1はバックライトなし、TS206はバックライトありです。


左がTS206 右がTS206V1
正面から見たらほとんど違いはありませんが、TS206の方がバックライトの分だけ厚みがあります。



本体5V給電+バックライトなしの表示です。


本体5V給電+バックライトありの表示です。
バックライトは3.3Vでは点灯しません。



Raspberryとの結線は以下の通りです。
TS206 Raspberry
1(CS) GPIO27
2(RD) N/C
3(WR) GPIO18
4(DT) GPIO17
5(VSS) GND
6(VDD) 5V(*)
7(IRQ) N/C
8(LED-K) GND
9(LED-A) 5V

(*) VDDは3.3Vでも動きますが、ほとんど文字が見えません。

Raspberryのコードは前回のTS206V1と同じです。
バックライトなしの状態では、TS206 TS206V1 はほぼ同じ表示になります。
個体差かもしれませんが、TS206V1の方が少しコントラストがいいです。



TS206(バックライト付き)の視野角は非常に狭く、正面から見ないと、ほとんど見えません。

ほぼ正面

斜め45度ぐらい

斜め45度ぐらい バックライトなし

斜め30度ぐらい

斜め30度ぐらい バックライトなし

斜め45度ぐらい 遠くから
RaspberryではなくOrangePiを使っているのがバレバレです(笑)。
最近はOrangeを使う機会の方が多いです。
同じ角度から見ると、TS206のバックライト無しよりも、TS206V1の方がはっきり見えます。

次回はTS119-5を紹介します。