TN液晶8セグモジュールを使う(TS119-4)


こちらでTS119を紹介しましたが、今回たまたまTS119-4を入手しましたので紹 介します。
通販でTS174NBLを注文したのですが、届いたのがTS119-4でした。
大きさはTS119-3/5と同じですがバックライト無しのモデルです。

左から TS119-3 TS119-4 TS119-5


微妙にパターンが違うのが分かります。
改めて手元のTS119を確認してみるとマーキングの何もないものが混じっていました。

すべて微妙にパターンが違います。

注文したものと違うのが届いたなどと、目くじらを立ててはいけません。
そもそも、TS119のバックライト無しモデルは通販ページにはないので、珍品と言えます。
Raspberryとの結線はTS119-3/5と同じですが、バックライトは有りません。。
TS119-4 Raspberry
1(CS) GPIO27
2(RD) N/C
3(WR) GPIO18
4(DT) GPIO17
5(VSS) GND
6(VDD) 5V(*)
7(IRQ) N/C
8(LED-K) N/C
9(LED-A) N/C

(*) VDDは3.3Vでも動きますが、ほとんど文字が見えません。
左がTS119-4 右がTS119(マーキング無しモデル)



視野角を確認してみます。
今までの調査で一番視野角が広かったTS206V1と比較してみます。
左がTS206V1 右がTS119-4



TS119-4は怪しいです

この角度でもTS206V1は何とか見えます。

TS206/TS206V1/TS120/TS119-3/TS119-4/TS119-5/TS5173A/TS174NBL/TS215V2 /TS125-2V1.0の10 種類の99円液晶8セグモジュールを試しま したが
以下の3グループに集約されます。
グループ内のモジュールはどれも同じ結線で同じ表示パターンです。
@TS206/TS206V1/TS120グループ
ATS119-3/TS119-4/TS119-5/TS5173A/TS174NBLグループ
BTS125V2/TS125-2V1.0


さて、これら99円シリーズが本当にお得かどうかというと....
1602LCDが130円ぐらいで買えるので微妙なところです。
但し、1602LCDはGPIOが6本必要ですが、99円シリーズは3本で済みます。
バックライトなしなら、1台のRaspberryで一度に8台ぐらいは表示できますが、
8台繋げても主要通貨の為替を表示するぐらいしか思いつきません。
でも大型のTS125を8台も繋げたら壮観な眺めでしょうね....