Arduinoをソーラーパネルだけで動かす(その2)

まずは以下の赤枠の部分を紹介します。






この部分だけの結線は以下の様になります。
UNOは5V電源の給電のためだけに使用しています。



ProMiniのスケッチは以下の通りです。
起動時に05-15-25の3バイトのデータを送信するだけです。
05-15-25に特に意味はありませんが、電子レンジなど2.4GHz帯の電波ノイズにより、受信側でオール0のデータを受信することがあるの で
これを区別するために設定しています。

/*
 * nRF24L01 Send Sample Program
 *
 * VCC  3.3V
 * MISO 12
 * MOSI 11
 * SCK  13
 * CE   8
 * CSN  7
 */
#include <SPI.h>
#include "nRF24L01.h"
#include "RF24.h"
#include "printf.h"

// Set up nRF24L01 radio on SPI bus plus pins 9 & 10
//RF24 radio(9,10);
RF24 radio(8,7);

// Radio pipe addresses for the 2 nodes to communicate.
const uint64_t pipes[2] = { 0xD0D1D2D3D0LL, 0xD0D1D2D3D1LL };


void setup(void)
{
  uint8_t data[32];

  Serial.begin(9600);
  Serial.println("nTF24L01 Send Demo");
  printf_begin();
 
  //
  // Setup and configure rf radio
  //
  radio.begin();
  radio.openWritingPipe(pipes[1]);
  radio.openReadingPipe(1,pipes[0]);
  radio.printDetails();

  data[0]=05;
  data[1]=15;
  data[2]=25;
  radio.write( data, sizeof(data) );
}

void loop(void)
{
}

次回はRaspberry側のプログラムを紹介します。

続く...