OrangePi-ZEROを使ってみる

WiringPi-Python-OPライブラリのアップデート

前回、WiringPi-Python-OPを紹介しましたが、 WiringOPのラップ関数になっているので、ZEROの全てのピンが使えません。
そこで、WiringPi-Python-OPをZERO対応にアップデートする方法を紹介します。

まずは、こちらか らWiringOP libary for the Orange Pi Zeroをダウンロードします。
次に、こちらから WiringPi-Python-OPをダウンローだけします。(ビルドはしない)
以下の手順でWiringOPをWiringOP-ZEROに差し替えます。
$ cd WiringPi-Python-OP
$ rm -R WiringPi
$ cp -R $HOME/WiringOP-Zero ./
$ mv WiringOP-Zero WiringPi
$ swig2.0 -python wiringpi.i
$ sudo python setup.py install

これで、WiringPi-Python-OP  が WiringPi-Python-OP-ZERO  になります。
WiringPi-Python-OP-ZEROのピン番号は、Raspberry TypeAやTypeBと同じになります。
ライブラリ内で指定する番号 物理Pin番号 ライブラリ内で指定する番号

1 2
8 3 4
9 5 6
7 7 8 15

9 10 16
0 11 12 1
2 13 14
3 15 16 4

17 18 5
12 19 20
13 21 22 6
14 23 24 10

25 26 11

以下のコードで動作を確認することができます。
# -*- coding: utf-8 -*-
import wiringpi
import time
import sys

OUTPUT = 1
HIGH = 1
LOW = 0
PIN = 15

argvs = sys.argv
argc = len(argvs)

if (argc == 2):
  PIN = int(argvs[1])

print "PIN=",PIN
wiringpi.wiringPiSetup()
wiringpi.pinMode(PIN,OUTPUT)
wiringpi.digitalWrite(PIN,LOW)
for _ in xrange(5):
  wiringpi.digitalWrite(PIN,HIGH)
  time.sleep(1)
  wiringpi.digitalWrite(PIN,LOW)
  time.sleep(1)

PCB Rev1.4のボードが届きましたので次回紹介します。