OrangePi-PC Plusを使ってみる

EMMC Flashのバックアップ

前回、EMMC Flashからのブートを紹介しました。
Armbian ForumでEMMC Flashのバックアップ方法を教えてもらったので紹介します。
SD-CARDからブートし、以下のコマンドを実行します。

$ su
# apt-get install p7zip
# mkdir /var/images
# cat /proc/partitions
major minor  #blocks  name

 179        0    7782400 mmcblk0
 179        1    7781376 mmcblk0p1
 179       16    7634944 mmcblk1 → これがあることを確認する
 179       17    7633920 mmcblk1p1
 179       48       4096 mmcblk1boot1
 179       32       4096 mmcblk1boot0

# dd if=/dev/mmcblk1 bs=10M | 7zr a -bd -t7z -m0=lzma -mx=9 -mfb=64 -md=32m -ms=on -si /var/images/emmc.img.7z
# ls -l /var/images/
total 234656
-rw-r--r-- 1 root root 240284000 Jun 23 00:34 emmc.img.7z

出来上がったイメージ(emmc.img.7z)を展開して、SD-CARDに書き込めばEMMCと同じ内容になります。
ddコマンドは結構時間がかかります。
実行中は何も言ってくれないので、途中経過が分かるようなスクリプト(emmc-backup.sh)を作りました。

このスクリプトをダウンロードし、以下の手順で実行してください。
$ chmod 777 emmc-backup.sh
$ su
# apt-get install p7zip
# ./emmc-backup.sh

スクリプト(emmc-backup.sh)を実行すると、イメージが既にあるときは以下の画面が表示されます。


イメージファイルの作成が始まります。


大体80分ぐらい掛かります。