OrangePi-PCを使ってみる

オンボードの赤外線受信(何が違う編)

前回前々回でオンボード赤外線受信のやり方を紹介しました。
違いは使用したドライバーとデバイスファイルです。


ドライバー デバイスファイル
@ sunxi_cir /dev/lirc0
A sunxi-ir-rx /dev/input/event

@とAの違いについて分かる範囲で紹介します。
まず@では、NECフォーマット以外のリモコンも認識(学習)することができます。
手元にはNECフォーマットとRC5フォーマットのリモコンしかありませんが、
@では、どちらのリモコンも学習することができましたが、
Aでは、RC5フォーマットのリモコンを学習することができませんでした。

以下が@を使って、RC5フォーマットのリモコンを学習した結果です。
赤外線コードを解析できないときは、生フォーマットで学習します。
begin remote

  name  rc5
  flags RAW_CODES|CONST_LENGTH
  eps            30
  aeps          100

  ptrail        848
  gap          153728

      begin raw_codes

          name POWER_ON
              912     816    1824     808     888     808
              888     808     880     800     888     808
              888     808     888     792     888    1616
              888     800    1824     808     888

          name MUTE
              880     816     888     808    1824     800
              888     808     856     832     864     832
              856     840     856     832     864    1648
              856     840    1792    1656     856

          name AV_TV
              888     808    1824     808     888     808
              888     808     888     808     888     808
              888     808     888     808     888    1608
             1824    1624     888     808     888

      end raw_codes

end remote

irwの結果も良好で、RC5フォーマットのリモコンを認識しています。


日本ではNECフォーマットのリモコンが圧倒的に多いですが、
NECフォーマット以外のリモコンを使う場合は、「sunxi_cir」を使う必要があります。

また、Armbianでは「sunxi_cir」が標準ドライバーとなっています。
OrangePi-LiteのArmbianには「sunxi-ix-rx」は含まれていません。
OrangePi-PCでも将来のリリースでは、「sunxi-ix-rx」は無くなるかもしれません。→無くなりました

次回は赤外線LEDを使った赤外線送信を紹介します。