OrangePi-PCを使ってみる

オンボードの赤外線受信(Ubuntu編)

前回Debianでの赤外線受信を紹介しました。
OrangePi-PC にはUbuntuのイメージも公開されていますが、DebianとUbuntuでは少し手順が違うので紹介します。
最初にlircパッケージをインストールします。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install lirc

Ubuntuではパッケージインストールの途中で以下の2つの画面が表示されるようになりました。
どうやら市販されているリモコンを選べるようですが、今回はリモコンの学習を行いますので
どちらの画面でもNoneを選びます。




Debian と Ubuntuでは「/etc/lirc/hardware.conf」の書式が違います。
この違いはこ ちらで紹介されています。
Ubuntuの場合、「/etc/lirc/hardware.conf」を以下の様に変更して再起動します。
# /etc/lirc/hardware.conf
#
#Chosen Remote Control
REMOTE="None"
REMOTE_MODULES="sunxi_cir"
REMOTE_DRIVER="default"
REMOTE_DEVICE="/dev/lirc0"
REMOTE_SOCKET=""
REMOTE_LIRCD_CONF=""
REMOTE_LIRCD_ARGS=""

#Chosen IR Transmitter
TRANSMITTER="None"
TRANSMITTER_MODULES=""
TRANSMITTER_DRIVER=""
TRANSMITTER_DEVICE="/dev/null"
TRANSMITTER_SOCKET=""
TRANSMITTER_LIRCD_CONF=""
TRANSMITTER_LIRCD_ARGS=""

#Disable kernel support.
#Typically, lirc will disable in-kernel support for ir devices in order to
#handle them internally.  Set to false to prevent lirc from disabling this
#in-kernel support.
#DISABLE_KERNEL_SUPPORT="true"

#Enable lircd
START_LIRCD="true"

#Don't start lircmd even if there seems to be a good config file
#START_LIRCMD="false"

#Try to load appropriate kernel modules
LOAD_MODULES="true"

# Default configuration files for your hardware if any
LIRCMD_CONF=""

#Forcing noninteractive reconfiguration
#If lirc is to be reconfigured by an external application
#that doesn't have a debconf frontend available, the noninteractive
#frontend can be invoked and set to parse REMOTE and TRANSMITTER
#It will then populate all other variables without any user input
#If you would like to configure lirc via standard methods, be sure
#to leave this set to "false"
FORCE_NONINTERACTIVE_RECONFIGURATION="false"
START_LIRCMD=""

修正が終わったら一旦リブートします。
以下のコマンドでこれらの赤外線関係のモジュールが表示されます。
$ lsmod
Module                  Size  Used by
ir_lirc_codec           3677  0
lirc_dev                7834  1 ir_lirc_codec
ir_mce_kbd_decoder      2885  0
ir_sanyo_decoder        1480  0
ir_sony_decoder         1422  0
ir_jvc_decoder          1452  0
ir_rc6_decoder          1941  0
ir_rc5_decoder          1412  0
ir_nec_decoder          1556  0
sunxi_cir               1601  0

以下コマンドでこれらのデバイスが表示されます。
$ ls /dev/lirc*
/dev/lirc0  /dev/lircd  /dev/lircd1

これ以降はDebianと同じです。
リモコンの学習が終わったら、irw を起動してリモコンを発射し、以下が表示されれば完了です。


次回は赤外線LEDを使った赤外線送信を紹介します。