OrangePi-PCを使ってみる

シリアルコンソール

OrangePi-PC には以下の4つのシリアルポートがあります。
デバイススペシャルファイルとピンの関係は以下の様になります。

ピンの名前 デバイススペシャルファイル Txピンの場所 Rxピンの場所
TxD0/RxD0 /dev/ttyS0 オンボード上のTx オンボード上のRx
TxD1/RxD1 /dev/ttyS1 ピンヘッダーのPin#38 ピンヘッダーのPin#40
TxD2/RxD2 /dev/ttyS2 ピンヘッダーのPin#13 ピンヘッダーのPin#11
TxD3/RxD3 /dev/ttyS3 ピンヘッダーのPin#8 ピンヘッダーのPin#10

オンボード上のTx/Rxはシリアルコンソール(デバッグポート)としてアサインされています。
詳しい説明はこちらに有ります。

そこで、このポートを使ってログインしてみます。
WindowsPCとはUSB-TTLシリアル変換機を使って接続します。

オンボード上のピン USB-TTLシリアル変換機
GND GND
Tx Rx
Rx Tx

TeraTermでシリアルポートに接続します。



メニューの設定→シリアルポートでボーレートを115200に変更します。


Enterをたたくとログインプロンプトが表示されます。
Wifi環境でネットワークの設定変更をミスったときなど、どうやってもログインできなくなったときの
最後の手段です。


ログインした後でrebootすると、ずらずらとブートメッセージが表示されます。


次回は i2c通信を紹介します。