OrangePiシリーズ

OrangePi-PCが結構売れたので、(おそらく)気をよくしたXunlong Softwareは、立て続けに派生的なモデルを発表しました。
発売順に紹介します。
似ている名前が多いので紛らわしいです.....

  • OrangePi PC(2015年8月)
  • 一躍その名前を世の中に広めたモデル。
    $18.15(送料込み)という価格設定が世間を驚かせました。
    最初のOrangeなら、まずはこれから...という感じのスタンダードボードです。
    公式のOSイメージは更新が止まっているのでArmbianがお勧めです。

  • OrangePi ONE(2016年1月)
  • OrangePi-PCからUSBポート、オンボード赤外線受信モジュールを省略したモデル。
    メモリも半分の512Mになっていますが、一番の違いはvoltage regulator です。
    OrangePi-PCで使われているvoltage regulator:SY8106A
    OrangePi-ONEで使われているvoltage regulator:SY8113B
    この違いで、OrangePi-PCのイメージはそのままでは使えません。
    GPIOのアサインはOrangePi-PCと同じです。
    こちらで紹介しています。

  • OrangePi Lite(2016年5月)
  • OrangePi-ONEから有線LANを省いて、代わりにオンボードWifi、オンボード赤外線受信モジュール、USBポートを追加したモデ ル。
    ハードウェアは基本的にOrangePi-ONEと同じです。
    2016年6月1日にようやくオンボードWifiに対応したArmbianが公開されました。
    OrangePi-PCに比べメモリが半分の512Mですが、今までメモリが少なくて困ったことないし...
    GPIOのアサインはOrangePi-PCと同じです。
    こちらで紹介しています。

  • OrangePi Plus 2E(2016年5月)
  • OrangePi-PCにオンボードWifiと16GのEMMC Flashを追加したモデル。
    メモリも倍の2Gになっています。
    2017年10月ごろ、一旦ラインナップから消えましたが、2018年になって再登場しました。
    値段も$38.26(送料込み)から$42.21(送料込み)に変わっています。

  • OrangePi PC Plus(2016年6月)
  • OrangePi-PCにオンボードWifiと8GのEMMC Flashを追加したモデル。
    GPIOのアサインも含め、基本的なハードウェアスペックはOrangePi-PCと同じです。
    どうしてもEMMCを使いたい...という方向け。
    こちらで紹介しています。

  • OrangePi ZERO(2016年11月)
  • RaspberryPi ZEROに対抗して企画した製品と思いますが、似ているのは名前だけで、機能的には
    こちらの方がはるかに高機能です。
    256Mモデルと512Mモデルが有ります。
    メモリーが少なくて困ったことないので、512Mモデルはパスかな...と思いましたが
    結局どちらも買ってしまいました。
    オンボードのWifiチップがダメチンでArmbianのページには
    Onboard wireless module (XR819) has poor software support so wireless connection issues are expected
    と書かれていて、確かにWifi経由のレスポンスは(ものすごく)悪いです。
    オンボードWifiのレスポンスはPCB Rev1.4で改善されましたが、その影響でCPU温度がかなり高温になります。
    GPIOのアサインはOrangePi-PCと少し違いますが、専用のWiringOPライブラリが有ります。
    使い捨てるには最も手ごろなボード。
    SPIのCSの扱いがRaspberryとは違うの注意が必要です。
    こちらで紹介しています。

  • OrangePi PC2(2016年11月)
  • SOCにH5を使ったOrangePi-PCの64Bit版。
    Aliのページには「Beyond Raspberry Pi 2」とかって書いてあります。
    まだArmbianが正式対応していないのでしばらく様子見。
    2017年10月にようやくArmbianの公式テストが始まりましたが、正式版のリリースはもう少し先。

  • OrangePi i96(2017年1月)
  • 2017年1月にいきなり発売になりましたが、2月ごろに一旦フェードアウトし、9月ごろに復活しました。
    SOCにはRDA Micro 8810PLという今までとは違うチップが使われています。
    96Boards Iot Edition Platformというハー ドウェア統一規格に従って設計されたみたいです。
    まともにLinuxが動くのかどうか謎のボード。
    これを買うならOrangePi ZEROを買った方がいいです。

  • OrangePi Win(2017年3月)
  • SOCにA64を使ったOrangePi-PCの64Bit版。
    いきなり発売になりました。
    A64がWindows IOTに対応しているから、この名前なんでしょうが...
    2018年ごろにラインナップから消えました。

  • OrangePi ZERO Plus 2(2017年3月)
  • OrangePi ZERO から有線LANを取り除いて、代わりにHDMIポートとカメラI/Fを追加したモデル。
    BlueTooth と8GのEMMC Flashも追加されています。
    いきなり発売になりました。
    このモデルにはH3版(32Bit)とH5版(64Bit)が有り、その価格差はたったの$1です。
    ArmbianはH3版を正式サポートしていますが、GPIOのアサインが今までのどのボードとも微妙に違っていて
    WiringOPが対応していない(対応できない)ちょっと難儀なボードです。
    こちらで紹介し てい ます。

  • OrangePi 2G-IOT(2017年3月)
  • 2Gモデムを搭載したモデル。2G(GSM)は日本では使えません。
    SOCにはRDA Micro 8810PLという、i96で使われているチップが使われています。
    おそらくArmbianはこのモデルを(永遠に)サポートしないと思いますが、とりあえずオーダーしました。
    GSM前提のモデルなので、日本ではほとんど使い物になりません。
    OSによってはBoot時に2Gモデムの初期化を行うので、SIMカードが入っていないと起動すらできないものもあります。
    GPIOのアサインは今までのどのボードとも全く別物です。
    こちらで紹介しています。

  • OrangePi Prime(2017年3月)
  • 2017年3月は怒涛の新製品ラッシュです。
    OrangePi PC2にオンボードWifiとBlueToothを追加したモデル。
    メモリも2Gに増えています。
    EMMCはオプションとなっているので、きっと近いうちにEMMC付きの「Orange Pi Prime Plus」が
    登場すると思います。

  • OrangePi Win Plus(2017年4月)
  • SOCにA64を使ったOrangePi Winのメモリ増強版。
    名前に「Plus」が付きますが、予想に反してEMMCはオプションになっています。
    となると、EMMC付きは「Orange Pi Win Plus 2」でしょうか??
    もうどうでもいいや....

  • OrangePi Plus 2(2017年4月)
  • OrangePi Plusの後継機
    オンボードWifi、16GのEMMC Flash,、GigaLAN、STATと満載のH3最高級モデル。
    お値段も$52.00(送料込み)と超ゴージャス。
    OrangePi Plus 2Eの再登場で消えました。

  • OrangePi Zero Plus(2017年8月)
  • OrangePi Zero(512Mモデル)のH5版。
    有線LANがGigaBitになっています。
    Plusの名前が付いていますがEMMCは有りません。
    ZEROではあまり評判の良くなかったWifiチップ(XR819)が実績のあるRTL8189に変わっています。

  • OrangePi R1(2017年8月)
  • Xunlong Softwareはどうも同じ時期に一斉に新しいモデルを発売する傾向が有ります。
    Orange Pi Zero Plusが発売された直後に発表されました。
    Opi Zero(256Mモデル)のイーサネット2ポート版ですが、オンボードWifiチップが変更されていてこちらのほうが安定して動きます。
    GPIOのアサインはOrangePi-ZEROと同じなので、ZERO用のライブラリがそのまま使えます。
    こちらで紹介しています。

  • OrangePi One Plus(2017年12月)
  • OrangePiシリーズでは初めてH6を搭載したボードです。
    H6の詳細はこちらに有りますが、情報が目茶苦茶少ないで す。
    公式ページではAndroid7.0とUbuntuのイメージが公開されています。
    ピンは26ピン仕様です。
    ピンレイアウトはこ ちらのUsers Manualに公開されています。

  • OrangePi Lite2(2018年1月)
  • OrangePi One PlusにWifiiとBlueToothを追加したモデル。
    公式ページではAndroid7.0とUbuntuのイメージが公開されています。
    こちらもピンは26ピン仕様です。
    ピンレイアウトはこ ちらのUsers Manualに公開されています。

  • OrangePi RK3399(2018年2月)
  • Rockchip RK3399を搭載したボード。
    SOCは6コアの64Bit
    公式ページではAndroid7.0、Debian、Ubuntuのイメージが公開されています。
    なんかいろんな物がついていてお値段は驚愕の$112.94。
    最近のXunlong Softwareはどこに向かっているのか謎!!

  • OrangePi 4G-IOT(2018年3月)
  • 4Gモデムを搭載したモデル。日本のdocomoなどのSIMが使えるのかどうかまだ不明。
    SOCにはMediaTek MT6737Lという、Orangeシリーズでは初めてのチップが使われています。
    めちゃくちゃ興味ありますが、まだ人柱感満載。
    公式ページではAndroid6.0とAndroid8.1のイメージが公開されています。
    1G DDR3+8GB EMMCで、EMMCにAndroidイメージがプリインストールされているみたいです。

  • OrangePi 3G-IOT(2018年5月)
  • 3Gモデムを搭載したモデル。日本で使えるのかどうかまだ不明。
    SOCにはMediaTek MT6572という、Orangeシリーズでは初めてのチップが使われています。
    こちらもめちゃくちゃ興味ありますが、まだ人柱感満載。
    256MB DDR2+512MB EMMC と 512MB DDR2+ 4GB EMMC の2つのモデルがあります。
    公式ページではAndroid4.4のイメージが公開されています。



    2018年7月時点で購入可能なOrangeシリーズ(64Bit系)

    H5に対応したArmbianはMainline(Linus Torvalds 氏が管理している、各 Linux ディストリビュータが
    ベースとして使うカーネル)を元に開発中ですが、なかなか正式リリースされません。
    A64に対応したArmbianは期待薄。
    H6対応もArmbian開発チームはあまり興味がなさそうです。
    OrangePi RK3399 2048MB Memory RK3399 $112.94(送料込み) いろいろ付いてる
    OrangePi 4G-IOT 1024MB Memory MT6737 $49.42(送料込み) 8G EMMC Wifi+BT+FM+GPS/4G
    OrangePi Win Plus 2048MB Memory A64 $41.54(送料込み)
    Wifi+BT(AP6212)
    OrangePi Prime 2048MB Memory H5 $40.75(送料込み)
    Wifi+BT(RTL8723BS)
    OrangePi Lite2 1024MB Memory H6 $29.61(送料込み)
    Wifi+BT(AP6255)
    OrangePi 3G IOT-B 512MB Memory MT6572 $29.32(送料込み) 4G EMMC Wifi+BT+FM+GPS/3G
    OrangePi Zero Plus 2(H5) 512MB Memory H5 $28.34(送料込み) 8G EMMC Wifi+BT(AP6212)
    OrangePi One Plus 1024MB Memory H6 $24.60(送料込み)
    PMU(AXP805)
    OrangePi 3G IOT-A 256MB Memory MT6572 $24.32(送料込み) 512M EMMC
    Wifi+BT+FM+GPS/3G
    OrangePi PC 2 1024MB Memory H5 $24.42(送料込み)

    OrangePi Zero Plus 512MB Memory H5 $19.32(送料込み)
    Wifi(RTL8189FTV)


    2018年7月時点で購入可能なOrangeシリーズ(32Bit系)

    2G-IOTは日本ではほぼ使い物になりません。
    オンボードWifiはいずれも日本での技適を取得していません。
    ArmbianはH3/H2+をサポートしていますが、RDA8810PLはサポートしていません。
    OrangePi Plus 2E 2048MB Memory H3 $46.65(送料込み) 16G EMMC Wifi(RTL8189FTV)
    OrangePi PC Plus 1024MB Memory H3 $28.43(送料込み) 8G EMMC Wifi(RTL8189FTV)
    OrangePi Zero Plus 2(H3) 512MB Memory H3 $27.34(送料込み) 8G EMMC Wifi+BT(AP6212)
    OrangePi PC 1024MB Memory H3 $19.44(送料込み)

    OrangePi R1 256MB Memory H2+ $18.32(送料込み)
    Wifi(RTL8189ETV)
    OrangePi Lite 512MB Memory H3 $16.75(送料込み)
    Wifi(RTL8189FTV)
    OrangePi ZERO(512M) 512MB Memory H2+ $15.34(送料込み)
    Wifi(XR819)
    OrangePi ONE 512MB Memory H3 $14.74(送料込み)

    OrangePi 2G-IOT 256MB Memory RDA8810PL $14.32(送料込み)
    Wifi+BT(RDA5991)/2G
    OrangePi ZERO(256M) 256MB Memory H2+ $13.34(送料込み)
    Wifi(XR819)
    OrangePi i96 256MB Memory RDA8810PL $13.22(送料込み)
    Wifi+BT(RDA5991)

    OrangePiシリーズは全てAliExpressで購入することができます。
    いずれも送料がかかりますが、Registerd Package(いわゆる書留)で送られてくるので比較的早く(大体2週間で)日本に届きます。
    梱包も比較的しっかりしていて、今まで遅配や梱包でトラブったことは有りません。
    Registerd Packageなので配達中の追跡も可能です。
    ポスト投げ込みではなく、受け取りのハンコがいるのがちょっと面倒です。

    しかし、$13ぐらいでLinuxボードが買えるなんて、恐ろしい世の中になったものです.....
    会社帰りの赤ちょうちんを我慢すれば、毎週1枚(いやいや2枚以上)ボードが買えてしまいます。

    少し前までは、EMMC付きのモデルは名前に「Plus」を付けて区別していたのですが、最近は目茶苦茶です。

    こちらでは各モデルのCPU温度の違いを紹介しています。