OrangePi-PCを使ってみる

個人的な評価

今まで10回以上にわたり、OrangePi-PCを紹介してきました。
途中からご覧になった方はこ ちらが初回です。
全ての機能を試したわけではありませんが、RaspberryPi と比較した場合の個人的な評価です。

良いところ

@イメージが小さい
GUI無しのイメージを選べるので4GのSDカードでも十分使えます。
RaspberryPiにもGUI無しのイメージが欲しいです。 → いつの間にか raspbian-jessie-lite が出ていました

ACPUパワー
OrangePi-PCのベンチマークはこちらで紹 介されていますが
RaspberryPiに比べはるかに高いスコアを出しています。

Bシリアルポート
シリアル通信で使えるポートが3組あります。
また、Armbianはデフォルトでコンソール用のシリアルポート(オンボードのシリアルポート)が使えます。
OrangePi LiteやZeroなど、Wifiしか持たないモデルのインストール時や、
ネットワークがつながらないときにコンソールポートは重宝します。

Cオンボードの赤外線受信機
リモコンで簡単に操作することができます。

D新しいモデル
RaspberryはZERO以降目立った動きが有りませんが、OrangePiシリーズは新しいモデルの噂が絶えません。
OrangePi Zero用の拡張ボードや、NASにするための専用ボードなど周辺機器のリリースも盛んです。
特に2017年3月から4月にかけては、すごい勢いで新製品がリリースされています。
何を使えばいいのか迷ってしまうほどです。

E入手しやすい
発表から2年近く経過しているRaspberry Zeroは、いまだに入手が難しい(売る気が無いとしか思えない)ですが、
OPIはどのボードでもAliですぐに入手することができます。

F安い
何といっても安いです。

悪いところ

@特別なデバイス
ドライバーが無いデバイスを使いたい場合、ドライバーソースからのコンパイルが必要になりますが
ドライバーのコンパイル手順が今のところ良く分かっていません。
これは時間が経てば誰かが手順を公開してくれると思います。
ドライバーのコンパイル手順が分かったら紹介したいと思います。

AハードウェアPWM
H3 datasheet v1.1に よると、ハードウェア PWMは1ポートしか使えません。
しかも使えるポートはオンボード上のUART0_RX(PA5)となっています。
このポートはWiringOPでは扱えないので、WiringOPでpwmWrite関数や「gpio pwm」コマンドは使えません。
試したことはありませんが、OrangePi-PCでサーボモータを 動かすのは大変だと思います。
2017年3月にハードウェアPWMドライバーが公開されました。
WiringPiではハードウェアPWMを使うことはできませんが、このドラ イバーを使えばサーボモータを動かすことができます。

B開発環境
2016年3月時点で、以下の開発環境が無いです。
WiringPi- PythonライブラリOrangepi版 が 公開されました
bcm2835ライブラリ
bcm2825ライブラリをベースにしているツール(例えばWebioPiな ど)も動きません。
・WiringPiを使わずにライブラリ内部でgpioのアドレス操作を行っているライブラリ(例えばrpi-rgb-led-matrixpigpioなど)も動きません。

Cオンボードの赤外線受信機
IRの扱いが特殊なので、lirc を使って赤外線を発射することはできません。
赤外線発射もできる事が分かりました。
こちらで紹介しています。

DGPIO割り込み処理
そもそもGPIOの機能に割り込みがありません。
どうもArmbian側に問題があるようで、kernelのconfigを変更してkernelを再コンパイルすれば動くという情報もあります。
標準のカーネルでは、WiringOPの割り込み関連の関数(waitForInterrupt/wiringPiISR)は動きません。
Armbian Version5.25で動くようになりました。

ESPI通信処理
RaspberryではBCM2835ライブラリを使って高速なSPI通信を行う事ができますが、
OrangePiではWiringPiライブラリしかないので、SPI通信が(ものすごく)遅いです。

F電源周りが貧弱(かも)
個体の問題かもしれませんが、Orangepi-ONEとOrangepi-Plusが、いきなりお亡くなりになりました。

このあたりを十分考慮すれば、OrangePi-PC は十分使えると思います。
なんといっても安いし、簡単に入手できるので、多少のことは我慢できます。

こちらでOrangePiシリーズを紹介しています。