OrangePi-PCを使ってみる

Armbianのkernelを最新にする

こちらのページに Armbianのkernelのbuid方法が紹介されています。
「highly recommended to be Ubuntu Trusty 14.04 or Ubuntu Xenial 16.04」と書かれていますが、
32ビットの「Ubuntu 15.04」でもkernelをbuildすることができましたので紹介します。

まずはこちらのページ に書かれているとおり、コンパイル用のシェルを入手し、お好みで一部変更します。
$ apt-get -y -qq install git
$ git clone --depth 1 https://github.com/igorpecovnik/lib
$ cp lib/compile.sh .
$ vi compile.sh
(以下参照)
$ ./compile.sh

私が使用したcompile.sh(変更部分のみ)を紹介しておきます。
なお、パラメータの詳細はこちらに 詳しく書かれています。
# method
KERNEL_ONLY="no"                        # leave empty to select each time, set to "yes" or "no" to skip dialog prompt
KERNEL_CONFIGURE="no"                    # want to change my default configuration
CLEAN_LEVEL="make,debs"                    # comma-separated list of clean targets: "make" = make clean for selected kernel and u-boot,
                            # "debs" = delete packages in "./output/debs" for current branch and family,
                            # "alldebs" - delete all packages in "./output/debs", "images" = delete "./output/images",
                            # "cache" = delete "./output/cache", "sources" = delete "./sources"
# user
DEST_LANG="en_US.UTF-8"                    # sl_SI.UTF-8, en_US.UTF-8
CONSOLE_CHAR="UTF-8"

# advanced
KERNEL_KEEP_CONFIG="no"                    # overwrite kernel config before compilation
EXTERNAL="yes"                        # build and install extra applications and drivers
FORCE_CHECKOUT="yes"                    # ignore manual changes to source
BUILD_ALL="no"                        # cycle through available boards and make images or kernel/u-boot packages.
                            # set KERNEL_ONLY to "yes" or "no" to build all kernels/all images


コンパイル用のシェルを実行すると、以下の確認画面が表示されました。
気にせずEnterで進みます。


最初にモデル選択画面が表示されます。


次に使用するカーネルを選択します。


次にリリースバージョンを選択します。


最後にディスクトップ環境を含めるかどうかを選択します。


kernelのbuildが終わると「output/images」に新しいイメージが出来上がります。


後はこのイメージをSD-CARDに書き込めば最新のイメージで起動することができます。

次回はデバイスドライバーの更新手順を紹介します。