OrangePi-PCを使ってみる

USB-Wifiのセットアップ

Armbianの一番の難関がこのUSB-Wifiです。
色々調べてみると OrangePi-PC でUSB-Wifiドングルが使えないトラブルが多いみたいです。
今まで使えていたUSB-Wifiも、パッケージをアップデートすると使えなくなることがあります。
シリアル、または有線LANでログインし、lsusbを使ってUSB-Wifiで使われているチップを調べます。
赤枠の部分で調べれば、どのようなチップが使われているかが分かります。


以下のチップを使っているモジュールなら動きます。
・RTL8188ETV/RTL8188EU
・RT5370
・RTL8188CUS
・RTL8188CU
・RTL8188CE-VAU
・RTL8188RU

@RTL8188ETV(0bda:0179 Realtek Semiconductor Corp)
   RTL8188EU(0bda:8179 Realtek Semiconductor Corp)
これらは「/etc/modules-load.d/modules.conf」に8189esドライバーを追加する必要があり ます。 
Armbian5.25 からカーネル標準のドライバーで動きます
「/etc/network/interfaces」を修正してリブートすれば完了です。
どちらも非常に安定して動きます。一番のお勧めです。

ART5370(148f:5370 Ralink Technology, Corp. RT5370 Wireless Adapter)
カーネル標準のドライバーで動きます。
ドライバーの追加は不要ですが、ファームウエアをインストールする必要があります。 → Armbian5.25 から不要になりました。
sudo apt-get install firmware-ralink

「/etc/modules-load.d/modules.conf」に8189esや8192cuが登録されているときは
(OPI-PCには、なぜか8189esが最初から登録されているので)これをコメントアウ トします。
これらの変更を行ったのち、「/etc/network/interfaces」を修正してリブートすれば完了です。

BRTL8188CUS(0bda:8176 Realtek Semiconductor Corp. RTL8188CUS 802.11n WLAN Adapter)
カーネル標準のドライバーにはバグが有ります。
「/etc/network/interfaces」を修正してリブートするとカーネルがクラッシュします。
Armbian5.31でも修正されていませんでした。

こ ちらこ ちらで紹介されている方法で、ドライバーを更新する必要があります。
一応転載しておきますが、いくつか注意点が有ります。
・Armbianインストール時にはUSB-Wifiを抜いておく。
USB-Wifiが刺さった状態でArmbianをインストールするとインストール後の再起動時にクラッシュします。
・以下のコマンドの実行が完了するまでUSB-Wifiを抜いておく。
以下のコマンドを実行する時には有線LANで繋いでおく必要があります。
要するにドライバーアップデートが完了するまでUSB-Wifiは一切使わないということです。
sudo apt-get install dkms
git clone https://github.com/pvaret/rtl8192cu-fixes.git
sudo dkms add ./rtl8192cu-fixes
sudo dkms install --force 8192cu/1.10
sudo depmod -a
sudo cp ./rtl8192cu-fixes/blacklist-native-rtl8192.conf /etc/modprobe.d/
sudo reboot

再起動後に初めてUSB-Wifiを入れると正しく認識します。
「/etc/network/interfaces」を修正してリブートします。

最後に「/etc/rc.local」に「sudo depmod -a」の追加が必要です。
これをしておかないと、パッケージアップデートでカーネルアップデートされたときに、
うっかり再起動すると、Wifiが全く使えなくなります。

この状態で再起動するとWifiが使えなくなります。

orangepi@orangepipc:~$ cat /etc/rc.local
#!/bin/sh -e
#
# rc.local
#
# This script is executed at the end of each multiuser runlevel.
# Make sure that the script will "exit 0" on success or any other
# value on error.
#
# In order to enable or disable this script just change the execution
# bits.
#
# By default this script does nothing.

sudo depmod -a
exit 0

こちらのドキュメントによ ると、以下のWifiも同じ手順で使えるようになると書かれています。
・RTL8188CU
・RTL8188CE-VAU
・RTL8188RU

CRT3070(148f:3070 Ralink Technology, Corp. RT2870/RT3070 Wireless Adapter)
   MT7601(148f:760b Ralink Technology, Corp.)
   MT7601U(148f:7601 Ralink Technology, Corp.)
モジュールそのものを認識しません。
RT3070については、rt2800usbのドライバーをアップデートす れば動くようになります。

次回はArmbianのモニターリングツールを紹介します。