OrangePi-Liteを使ってみる

Armbian(Debian Jessie)のインストール

2016年5月31日(日本時間で6月1日)、ようやくOrangePi-LiteのオンボードWifiに対応したイメージが
Armbianからリリースされました。
ちなみに、このページが Armbianのダウンロード用のページです。

HDMIモニターを持ってる方は、HDMIモニターを使ってインストールを進めることができますが、
私のようにHDMIモニターを持っていない場合は、USB-TTLシリアル変換機を使って、
シリアルコンソールを使ってインストールを進める必要があります。
そこで、順を追ってOrangePi-Liteでのインストール方法を紹介します。



左がOrangePi-ONE 右がOrangePi-Lite



今までのイメージと違って、このイメージは最初からシリアルコンソールが有効になっています。
そこで、USB-TTLシリアル変換機と、TeraTermのシリアル通信機能を使ってインストールします。
デバイスマネージャーでUSB-TTLシリアル変換機が使っているCOMポートを確認しTeraTermを起動します。
ボーレートは115200で、これが合っていないと、正しく表示されません。
OrangePiの電源を入れるといきなりずらずらと文字が表示され、最後にログインプロンプトが表示されます。

但し、初回起動時はそのまま60秒ほど放置します。
オンボードの赤のLEDが点滅し、パーティションの自動拡張を始めます。
自動拡張が終わると、自動的にリブートし、最後にログインプロンプトが表示されるので、
ここで初めてユーザ名=root パスワード=1234でログインします。
慌ててログインすると、いきなりリブートが走るので、正直焦ります。

最近のArmbianでは初回起動時にバックグラウンドでパーティションの自動拡張が行われるようになりました。
ログインプロンプトが表示されたら、何も考えずユーザ名=root パスワード=1234でログインします。


最初にrootのパスワードを変更します。


訳が分からなくなるのでパスワードは「orangepi」としました。


次に新しいアカウントを作りに行きます。
こちらも訳が分からくなるので「orangepi」のユーザを作ります。


パスワードはもちろん「orangepi」です。


あとはそのままリターンして進みます。
確認入力には「Y」で進みます。


Displayセッティングを変更するかどうか聞いてきますが、sshでログインするので「n」で進みます。


これでようやくユーザ名=orangepi パスワード=orangepi でログインすることができます。


次回はオンボード上にあるIR(赤外線)受信機の使い方を紹介し ます。