LoLin NodeMCUを使ってみる


ESP8266モジュール(主にESP-12)を利用したDevelopment Boadはいくつかありますが、今回、LoLin製のNodeMCUを入手しましたので紹介します。
こちらで紹介しているWeMosと同じコンセプトの開発ボードです が、メインチップは ESP-12Eが使われています。



左から「WeMos D1 Mini(互換機)」 「LoLin NodeMCU」

メインチップとしてESP-12Eが使われているので、ESP-12の上側のピンも使われています。
3.3Vへのレギュレータは定番のAMS1117です。

NodeMCUはAmica とLoLinの製品がありますが、ピン配置に少し違いがあります。
こ ちらにメーカごとのピンの図があります。
今回入手したのはLoLinの製品なのでWeMosとNodeMCUのピンの違いは以下の通りです。
気になるのはピン配置の左側にSPI専用と思われるピンがあることです。


WeMos Lolin
 NodeMCU
ディジタルIO 11ピン(*1) 11ピン(*1*2)
アナログIO 1ピン 1ピン
3.3V出力 1ピン 3ピン
5V入力(*3) 1ピン 1ピン
GNDピン 1ピン 4ピン
USB出力(*5) なし 1ピン(5V)
SPI専用ピン なし あり

(*1)以下のピンでLチカできることを確認しました
素のESP-12では使うのが難しいGPIO_0 GPIO_15も普通に使えます。
・GPIO_0
・GPIO_1(*4)
・GPIO_2
・GPIO_3(*4)
・GPIO_4
・GPIO_5
・GPIO_12
・GPIO_13
・GPIO_14
・GPIO_15
・GPIO_16
(*2)素のESP-12EはGPIO_10も使えます。何度も確認しましたがGPIO_10へ出力しても無視されました。
(*3)ここに5Vを供給すると起動します。USB電源で起動時は4.6から4.7V程度が出力されます。
(*4)GPIO_1/GPIO_3をLチカで使うとシリアル通信ができませんが、スケッチの書き込みはできます。
(*5)5V入力ピンとは独立しています。出力専用で5Vが出力されます。

AmicaのFacebookに は、LoLinの製品は「unofficial V2 boards」と紹介されていますが、
そもそもNodeMCUは「open-source hardware」なので、OfficialもUnofficialも存在しないとこ ちらには書かれています。

ESP-12とESP-12Eを見分ける一番簡単な方法はアンテナのパターンの違いです。
最近ESP-12の後継としてESP-12Fが出てきましたが、アンテナパターンはESP-12と同じです。



左がESP-12F、右がESP-12E

裏面はこんな感じです。
wemos.ccの記載がありますので、wemosの製品でしょうか??
でもwemosのプロダクトページには記載がありません。謎です。


Arduino-IDEを使ってスケッチを書き込む手順は、WeMosと全く同じです。
やはり、WeMosと同様に、これだけのスケッチですがコンパイルに90秒程度かかります。


WeMos用のスケッチがそのまま使えます。

なお、このボードに搭載されているESP-12Eは技術基準適合証明等のマーク(通称技適マーク)が交付されていませんので
あくまでも実験レベルと考えてください。
技適マークが交付されているのは2015年11月時点で、ESP-WROOM-02だけです。

次回はNodeMCUのGPIO機能を紹介します。