NanoPi-NEOを使ってみる


NanoPi-M1と同時に購入したNanoPi-NEOですが、ずっと放置していましたので初めて使ってみました。
以前は直販でしか購入できませんでしたが、最近はAliでも購入できるようになりました。
OrangePi-ZEROと比べると、さらに一回り小さくなっています。

左がOrangePi-ZERO 右がNanoPi-NEO

Armbianのインストール、ネットワークの設定などは、こちらで紹介しているOrangePi-PCとほ ぼ同 じです。
今回はデバッグポートを使ってインストールしましたが、デバッグポートのピン配置はこ ちらが正解です。
また、オンボード上のデバッグポート(UART0)の動作が違います。

TTL-USBモジュールとデバッグポート(UART0)を使用してログイン後、一旦、シャットダウン(sudo shutdown -h now)して電源をON→OFF→ONした時に
OPiは特に何もしなくても、再びデバッグポート(UART0)にブートメッセージが表示されますが、
NPiは電源をON→OFFした時には、一度TTL-USBモジュールをUSBから抜かないとデバッグポート(UART0)が反応しません。
このような感じです。

TTL-USBモジュールとデバッグポート(UART0)を使用してログイン

sudo shutdown -h now

電源OFF

電源ON デバッグポート(UART0)が反応しない

TTL-USBモジュールとデバッグポート(UART0)を使用してログイン

sudo shutdown -h now

電源OFF

TeraTermを終了する

TTL-USBモジュールをUSBから抜く

TTL-USBモジュールをUSBに刺す

TeraTermを再度起動してシリアルポートを選ぶ

電源ON デバッグポート(UART0)が有効になる

NanoPi-M1も同じ挙動だったので、NanoPi共通の挙動の様です。

また、電源ですがいつもOrangePiで愛用しているElecomのUSB電源アダプターでは(安定して)起動できません。
ブートシーケンスのこの部分で止まってしまいます。


5V 2A以上のUSB電源アダプターが必要です。



NanoPi-NEOのGPIOのマッピングはこちらに ありますが、NanoPi-M1のサブセットとなっていますので
WiringPiライブラリも以下のライブラリがすんなり動きました。

https://github.com/wertyzp/WiringNP



CPU温度ですが、やはりOrangePi-ZEROと同様にかなり高くなります。
上から
NanoPi-NERO
OrangePi-ZERO(ファン無し)
OrangePi-ZERO(ファン付き)


このボードはOrangePi-ZEROと違って、ボード背面側にSOCが実装されています。


そこで、ボードの下にファンを取り付けてみました。
使用したファンは5V 30mmのファンで、下から吹き付けるようにしてみました。


メタルスペーサーは3M*15mm+6mmの物を使いました。


ユニバーサル基盤に8カ所、穴を開けただけですが、なかなかいい感じです。




Wifiドングルを使うと、動作が非常に不安定になり、ブート途中で止まったり、ログイン後にハングします。
ブートシーケンスの途中で止まるのは、電源容量不足の典型的な症状です。
MT7601のドングルだと動くという情報が有りますので、新しいUSB電源アダプターと一緒に取り寄せています。
結果が判明したら追記します。