リモコンコンセントで家電をON/OFFする(その1)


Rapberryで家電を操作したいと思うのは私だけではないと思います。
ただ、家電は100Vを扱うので、取り扱いに注意が必要です。
そこで、今回リモコンコンセント(OCR-05)を使った家電の操作を紹介します。
リモコンコンセント(OCR-05)は楽天やアマゾンなどで簡単に入手可能です。

リモコンコンセント

リモコンの学習は以下のページそのままです。発光部分の回路も以下のページそのままです。
Raspberry Pi で赤外線リモコン
リモコンの学習方法が非常に丁寧に書かれています。
一応、学習結果のlircd.confを掲載して置きます。

# Please make this file available to others
# by sending it to <lirc@bartelmus.de>
#
# this config file was automatically generated
# using lirc-0.9.0-pre1(default) on Sat Feb  8 11:39:44 2014
#
# contributed by
#
# brand:                       /home/pi/lircd.conf
# model no. of remote control:
# devices being controlled by this remote:
#

begin remote

  name  OCR05
  bits            8
  flags SPACE_ENC|CONST_LENGTH
  eps            30
  aeps          100

  header       2656  2618
  one           900  1825
  zero          900   789
  ptrail        903
  gap          77791
  toggle_bit_mask 0x0

      begin codes
          ON                       0x3C
          OFF                      0x4B
      end codes

end remote

lircdを起動した後、以下のコマンドでコンセントのON/OFFを行うことができます。
ただ、送信用赤外線LEDの出力が弱いので、LEDはリモコンコンセントのそばにおく必要があります。
$ irsend SEND_ONCE OCR05 ON
$ irsend SEND_ONCE OCR05 OFF

コタツや扇風機や卓上ランプなど、コンセントの抜き差しでON/OFFができる家電はこれで操作することができるようになります。
ただ、Raspberryと家電が離れてることが多いので基盤を作ってみました。