ESP-WROOM-02でTFTに画像を表示する

今日のワンコ


ニャンコの日めくりカレンダーは有るのに、ワンコの 日め くりカレンダーが無いのが不思議でしたが、ようやく見つけました。
ワンコだけでなくウサギイ ンコ /オウムもありました




猫じゃ嫌だ!!という方はこちらからワンコ(あるいはウサギやインコ)の写真を日めくりとして表示することができます。

手順はニャンコの時と同じですが、以下の@とAの部分を変えています。
@画像データをネットからダウンロードする。
A画像データを整形する。
B画像データをESP8266にアップロードする。
C画像データをESP8266で表示する。

画像データをネットからダウンロードするためにRaspberryPi(あるいはその互換ボード)を使います。
ダウンロードするプログラムはpythonで書きました。
以下のコードを「SaveImages.py」で保存してください。
なお、このコードを作るにあたり、以下のページを参考にさせていただきました。ありがとうございます。
python で特定のURLから画像を一括ダウンロード修正版

# -*- coding: utf-8 -*-

import urllib
import urllib2
import os.path
import sys
import datetime
from HTMLParser import HTMLParser

def download(url, savename):
#    print "<download> url savename=",
#    print url,savename
    img = urllib.urlopen(url)
    localfile = open(savename, 'wb')
    localfile.write(img.read())
    img.close()
    localfile.close()

def get_url_root(url):
    if("http://" in url):
        url_delet_http = url.lstrip("http://")
        if("/" in url_delet_http):
            url_root = "http://" + url_delet_http[0:url_delet_http.find("/")]
            return url_root
    elif("https://" in url):
        url_delet_http = url.lstrip("https://")
        if("/" in url_delet_http):
            url_root = "http://" + url_delet_http[0:url_delet_http.find("/")]
            return url_root
    return 0

class imgParser(HTMLParser):

    def __init__(self):
        HTMLParser.__init__(self)

    def handle_starttag(self,tagname,attribute):
        if tagname.lower() == "img":
            for i in attribute:
                if i[0].lower() == "src":
                    img_url=i[1]
                    # 取得した写真のURLを集めたファイルの作成
                    f = open("collection_url.txt","a")
                    f.write("%s\t"%img_url)
                    f.close()

if __name__ == "__main__":
    argvs = sys.argv
    argc = len(argvs)
    if argc == 1:
        print "{0:s} SaveFileName [id]".format(argvs[0])
        sys.exit(1)

    savefile = argvs[1]
    print savefile
    id = "935"
    if (argc == 3):
        id = argvs[2]
    datefile = os.path.dirname(savefile) + "/date.gif"

    NowDate = datetime.datetime.now()
    input_url = "http://www.365calendar.net/index?action=user_calendar_detail&calendar_id={0:s}&target={1:%Y%m%d}".format(id,NowDate)
#    print "input_url",
#    print input_url
    serch_url = input_url
    htmldata = urllib2.urlopen(serch_url)
    date_url = "http://www.365calendar.net/lib_image/calendar/img_num{0:%-d}.gif".format(NowDate)

    parser = imgParser()
    parser.feed(htmldata.read())

    parser.close()
    htmldata.close()

    # 生成したファイルの読み込み
    f = open("collection_url.txt","r")
    for row in f:
        row_url = row.split('\t')
        len_url = len(row_url)
    f.close()

    number_url = []

    for i in range(0,(len_url-1)):
        number_url.append(row_url[i])

    rcode = 1
    for j in range(0,(len_url-1)):
        url = number_url[j]
        if not "user_photo.php" in url:
           continue

        root_url = get_url_root(serch_url)
        download(root_url + url, savefile)
        download(date_url, datefile)
        rcode = 0


    # ファイルの削除
    os.remove("collection_url.txt")
    sys.exit(rcode)

TFTに表示できる画像ファイルは最大240ドット*320ドットの無圧縮BMP形式のファイルです。
そこで、ニヤンコの時と同じく、画像データの画像サイズとファイル形式を、画像編集ソフトのImageMagickを使って変換します。
また、ニヤンコと違って画像データの中に日付が有りません。
そこで、日付のイメージを以下からとってきて合成します。
http://www.365calendar.net/lib_image/calendar/img_numXX.gif (XXは0-31)

Raspberry側に、ftpのコマンドファイル(ftp.cmd)とシェルスクリプト(show_esp8266.sh)を作ります。
【ftp.cmd】
open 192.168.10.99
user esp8266 esp8266
binary
put /tmp/imageDst.bmp image.bmp
ascii
put /tmp/upload.txt upload.txt
bye

【show_esp8266.sh】
日付の合成が不要な方は、この部分をコメントアウトしてください。
また、日付の背景を透かすかどうかもお好みで変更してください。
#!/bin/bash
#
#set -x
HomeDir="/home/orangepi"

#Imageのダウンロード
SrcFile="/tmp/imageSrc.jpg"
DstFile="/tmp/imageDst.bmp"
WorkFile="/tmp/imageWrk.bmp"
DateFile="/tmp/date.gif"

#犬
sudo python ${HomeDir}/365cal/SaveImages.py ${SrcFile}

#ウサギ
#sudo python ${HomeDir}/365cal/SaveImages.py ${SrcFile} 959

#インコ

#sudo python ${HomeDir}/365cal/SaveImages.py ${SrcFile} 961

#画像が無ければ何もしない
if [ $? = 1 ]; then
    exit
fi
#identify ${SrcFile}

#BMPファイルに変換
convert ${SrcFile} -geometry 320x240 -compress none ${DstFile}
#identify ${DstFile}

#日付画像の背景を透明にする
cp ${DateFile} ${WorkFile}
convert ${WorkFile} -fuzz 10% -transparent white ${DateFile}

#BMPファイルに日付ファイルを重ねる
cp ${DstFile} ${WorkFile}
composite -compose over ${DateFile} ${WorkFile} ${DstFile}

#ESP8266にアップロード
touch /tmp/upload.txt
ftp -p -n < ${HomeDir}/ftp.cmd

日付の画像は背景が白です。そこで-fuzzオプションで白を飛ばしています。
コマンドはこ ちらから教えていただきました。ありがとうございます。
枠無しにもできたらいいのですが、convertのオプションが分かりません。わかる方がいたら教えて欲しいです。


あとは、ニャンコの時と同じ、このシェルスクリプト(show_esp8266.sh)をcronで実行すればOKです。
# m h  dom mon dow   command
*/5 8-22 * * * sudo /home/orangepi/show_esp8266.sh
*/5 23 * * * sudo /home/orangepi/clear_esp8266.sh
*/5 0-7 * * * sudo /home/orangepi/clear_esp8266.sh

大昔(10年以上前)に買ってずっと放置状態だった3.5インチのCDのケースに収めてみました。
拡張ボードやUSBデバイスを買うとサポートCDとしてついてくる小さいCDメディアです。
<余談>
もうフロッピーのプラケースなんて売ってないと思っていましたが楽天にありました。
探せば100均にもあるかもしれません。
</余談>




そのままだと、ちょっと傾斜が付きすぎなので手元にあったL金具で角度を調整してみました。
奥のL金具無しと比べると傾斜の違いが分かります。


もう少し続きが有ります。

続く....