ESP-13を使ってみる

SPIを使う


WeMosの時にも試したLM35DZ+MCP3002を使って、ESP-13(ESP-WROOM-02)でSPIを試してみます。

回路は以下のようになります。
ESP-13のパーツ図が無かったので、同じピン数の別のパーツを流用しています。


スケッチはWeMosで使ったのとほぼ同じで動きました。
WeMosの時はCSピンはIO_15を使えたのですが、このピンはPullDownしていますので、IO_16に変更しています。
そう考えるとWeMosは何も気にしなくても、IO_15が使えるので素晴らしいです。
 *
 * MPC3002    LM35ZD      ESP-13
 * VCC               ---- 3.3V
 * CLK               ---- IO_14(SCK)
 * Dout              ---- IO_12(MISO)
 * Din               ---- IO_13(MOSI)
 * CS                ---- IO_16
 * CH0    --- OUT
 *            VCC    ---- 3.3V
 *            GND    ---- GND
 */
#include <MCP3002.h>
#include <SPI.h>

#define RefV  3.28

// CSにIO_15は使えない
MCP3002 adc(16); // CS=IO_16

int RawValue0 = 0;
float Voltage = 0.0;
float temp_c = 0;  // 摂氏値( ℃ )

void setup() {
  adc.begin();
  Serial.begin(9600);
}

void loop() {
  RawValue0=adc.analogRead(0); // read MCP3002
//  Serial.print(" RawValue0[MCP3002] = ");
//  Serial.print(RawValue0);
  Voltage = (RawValue0 * RefV )/ 1023.0;
  temp_c = Voltage * 100;
  Serial.print(" Voltage[MCP3002] = ");
  Serial.print(Voltage);
  Serial.print(" temp_c[MCP3002] = ");
  Serial.println(temp_c);
  delay(500);
}

次回はi2cを試してみます。