ESP-12をRaspberryのWifiモジュールとして使う


ESP-12E/ESP-12FにはSDIOピンと呼ばれるピンがあります。

赤枠内がSDIOピンです。

このピンを使って、ESP-12E/ESP-12FをRaspberryPiのWifiモジュールとして使う方法がこちらで 紹介されています。
最初、このページを見たときにRaspberryPi側のGPIO0が意味不明でしたが、こちらで GPIO0のピン位置が分かりました。
GPIO0はPin#27でTypeA+/TypeB+以降だけにあります。
そこで、TypeB+を使って実験してみました。
まず、最新のRaspbianをクリーンインストールします。
私が使ったのは「2016-09-23-raspbian-jessie-lite」です。



ESP-12E/ESP-12Fとの接続とインストールはこちらで 紹介されているとおりですが、手元に33オームの抵抗が無かったので
22オームの抵抗を使いました。
インストールは大体30分ぐらい掛かります。
インストール終わってリブートすると、見事にwlan0ができていました。


後は「/etc/network/interface」にアクセスポイントの設定を加えて再度リブートすればWifiでアクセスできます。


上の写真で分かる様にUSBポートにはドングルがありませんがwlan0を認識しています。
ESP-12を使ったログインも問題ありません。


これ、考えた人、すごいです。
Raspberry ZEROのWifi接続で困っている方はこれで解決です。
ちなみに、ESP-12をWifiモジュールとして使っても、もともとESP-12に書き込まれていたスケッチ(Flushの中身)は何も影響を 受けません。
元の基盤に戻したら、元のスケッチがちゃんと動作しました。

こちらでこの ような商品を売ってます。
Pimoroni ESP8266 IoT pHAT
ESP-12Fが使われていますが、写真を見る限りSDIOピンが使えるのかどうか分かりません。