ESP-12Sが届きました


ESP-12にはESP-12/ESP-12E/ESP-12Fの3種類が有りましたが、2016年10月(ごろ)にESP-12Sが登場しまし た。



右がESP-12S 左が無印のESP-12






左から無印のESP-12 ESP-12E ESP-12F ESP-12S
ESP-12Eからマーキングの向きが逆に変わっています。
またESP-12Sはハウジングサイズが大きくなっていて、ピン位置の互換をとるために、SMD端子が小さくなっています。



使われているFlashチップですが、確認した限り2種類の製品がありました。
getFlashChipId=1640EF getFlashChipSizeByChipId=4194304Bytes[4MBytes] getFlashChipRealSiz=4194304Bytes[4MBytes]
getFlashChipId=16301C getFlashChipSizeByChipId=0Bytes[0MBytes] getFlashChipRealSiz=4194304Bytes[4MBytes]
ESPシリーズのFlushチップ一覧はこ ちらで紹介しています。

ESP-12E/Fには有ったSDIOピンがなくなっています。
RSTとENとGPIO00は内部でPullUp、GPIO15は内部でPullDownされています。
実際に確認してみましたが、確かに、スケッチ実行時には外部抵抗は何も要りません。

ESP-12E/FをRaspberryPiのWifiモジュールとして使うことができました。
こちらで紹介しています。