ESP-01Sを使ってみる


ESPシリーズの元祖であるESP-01に、ESP-01Sが登場しまし た。


左がESP-01S 右が無印のESP-01



写真を撮って初めて気が付いたんですが、無印の方のロゴのInsideの文字がInsid8に見えます。
FlushチップがGigaDeviceのGD25Q80B[1MByte]から、WinbondのW25Q80[1MByte]に変わって います。

こ ちらにESP-01/07/12シリーズのマニュアルがあります。
9ページ目にTypical Applicationsの絵がありますが、ESP-01SではENとRSTのPullUp抵抗がありません。
ESP-01Sは内部でPullUpされているようです。
ESP-07S ESP-12Sについても同様です。



今まで気が付きませんでしたが、ESP-01SにはAI-Cloudマーク付きとAI-Cloudマークなしの2種類があります。




見た目、これらのFlashMemoryは明らかにモデルが違います。
そこで、これらのFlash情報を読み出してみました。

ESP-01S(AI-Cloudマーク付き)
WinbondのW25Q80が SPI接続されています。



ESP-01S(AI-Cloudマークなし)
Puya SemiconductorのP25Q80Hが QPIで接続されています。


Puyaが実装されているESP-01SはSPIFFSを使うときに問題があるようです。
「ESP-01 PUYA」でググるといろいろ出てきます。

ESPシリーズのFlushチップ一覧はこちらで紹介していま す。