ArduinoISPでブートローダーを書き込む


ArduinoISPを使うと生の(ブートローダの書かれていない)ATmega328にArduinoのブートローダを書き込むことができま す。
生のATmega328ならばAliで2個セットが$3程度で入手できます。

手順はこちらで紹介さ れているとおりですが、少しコツが要ります。
まず、母艦となるArduinoにArduinoISPを書き込んだら、一旦母艦の電源を切ります。
そして、母艦とATmega328の配線を行ったら母艦の電源を入れます。
その後、ブートローダーを書き込むと生のATmega328がArduinoになります。

先日、アキバのAitendoに行ったら「あちゃんでいいの」の旧バージョンが投げ売りされていました。


この旧バージョンはこ ちらで紹介されている「どうやってもブレッドボードに刺さらない」モデルです。
こちらに2号 機の制作記事が紹介されていますが、どうせ「どうやってもブレッドボードに刺さらない」ので
ピンソケット、リセットボタン、LEDをすべて裏側に実装してみました。




D13に繋がっているLEDの電流制限抵抗が少し小さいようで、Lチカをするとものすごく明るく点滅します。
リセットボタンはすごく狭い場所にあるので、これはCPU側にあってもいいかもしれません。