SYN480R ASK ワイヤレスモジュールを使う


こちらでH3V4FのASK受信モジュールを紹介しました。
新たにSYN480R チップを使ったASK受信モジュールを入手しましたので紹介します。
デー タシートを見ると駆動電圧は3Vから5.5Vとなっています。
動作電圧によってモジュールを変える必要がないので、こちらのほうが使いやすいかも知れません。



左からSYN480R(433MHz) SYN480R(315MHz)  H3V4F(3.3V 433M) H3V3E(3.3V 315MHz)
SYN480Rは433Mhzと315Mhzではクリスタルが違います。
SYN480RとH3VXXでは、ピン配置に互換性はありません。


ArduinoではH3V4F(433Mhz 3.3V版)/SYN480R(433Mhz)ともに良好にデータを受信できましたが、
RaspberryではなぜかSYN480R(433Mhz)ではデータを受信できませんでした。
送信側 受信側 結果
Arduino H34A(433MHz) Raspberry H3V4F(433Mhz)
Arduino H34A(433Mhz) Raspberry SYN480R(433Mhz) ×
Arduino H34A(433MHz) Arduino H3V4F(433Mhz)
Arduino H34A(433Mhz) Arduino SYN480R(433Mhz)
Raspberry H34A(433Mhz) Arduino H3V4F(433Mhz)
Raspberry H34A(433Mhz) Arduino SYN480R(433Mhz)
Raspberry H34A(433Mhz) Raspberry H3V4F(433Mhz)
Raspberry H34A(433Mhz) Raspberry SYN480R(433Mhz) ×

また、315Mhzの場合、組み合わせによって受信感度が悪かったり、全く受信できない組み合わせがあります。
送信側 受信側 結果
Arduino H34A(315MHz) Raspberry H3V3E(315Mhz)
Arduino H34A(315Mhz) Raspberry SYN480R(315Mhz) ×
Arduino H34A(315MHz) Arduino H3V3E(315Mhz)
Arduino H34A(315Mhz) Arduino SYN480R(315Mhz)
Raspberry H34A(315Mhz) Arduino H3V3E(315Mhz)
Raspberry H34A(315Mhz) Arduino SYN480R(315Mhz)
Raspberry H34A(315Mhz) Raspberry H3V3E(315Mhz) ×
Raspberry H34A(315Mhz) Raspberry SYN480R(315Mhz) ×

受信が良好な組み合わせの場合、H3VXXは8Mぐらい離れていても受信できますが、SYN480Rはさらに感度がよく、13M離れても受信する ことができまし た。
マンションの外廊下の長さが13Mしかないので、これ以上離れることができません。
実際はもっと届くかもしれません。
送信モジュールは同じモジュールを使いましたので、単純に受信モジュールの性能差となります。

315Mhzの送信モジュールを使って、ワイヤレスチャイムを鳴らすことができました。
こちらで紹介しています。